以前
わたしが会社員をやっていた頃
昔の上司(♂)が部下(♀)と懇意の仲になってるとの噂が
社内で流れました

彼にはその昔同じセクションの隣のラインで
お世話にはなったものの
噂が流れた時はもう別のセクションにいたので
わたし自身は「へぇ、そうなんだ、あの人が」でしたが
どうやら噂はただの噂で終わってなかったようで
当時彼の近くにいた同僚後輩は
彼(と彼女)の挙動を心配していたようです

人は独りで生きてはおらず
ご自身が意識するにせよしないにせよ
多数の方との関わり(縁)がある中
特に恋愛というものは
ある一定以上の濃い関係を強く求めてしまう
なんとも不思議な現象です
そしてそれはご自身の強いエネルギーが働き
時にそのエネルギーをご自身で制御できなくなることがあり
そのエネルギーにご自身が翻弄されてしまったりもします

今、エネルギーの象徴である太陽はしし座にあります
しし座はある意味男性性の頂点ともいう星座
自己顕示欲も強まり
またそれがご自身を奮い立たせることになりましょうが
あまりにギラつく太陽って
やっぱり受け手には厳しいですよね

ある程度の年齢を重ねた方の恋路って
その方が未婚か既婚かを問わず
結局自分の過去とのしがらみがあるのでしょう
恋路の初めはそういった計算のようなものがなんにもない
ほんとに純粋なものであったとしても
その先を進むためにはどうしても
それ以前のご自身の形成の基となった
過去と現状に向き合わなくてはならなくなって来たところで
その純粋さにひずみが出始めることがままあるのでしょう

「人の恋路を邪魔する奴は
 馬に蹴られて死んじまえ」
などという言葉もありますが
そこそこの年齢を重ねますと
恋愛によって
それまで積み上げてきた生活や人間関係などへの
影響へ波及することがありえることを考えますと
あまりに強い太陽のエネルギーは
これまで築きあげたいろんなものを
壊してしまう可能性もあり
もし貴男が自身の生命力の低下や
老いること死ぬことへの恐怖が加わったら
それを原動力として走る恋愛って
やっぱりあまり後味のよくない結末を
当人たちのみならず
周りも感じるのかなって

俗にいう「大人の恋愛」って
そういう後味のよくない
結末を迎えないようにすることが
たぶん
いろんな方との関わりを維持することを
要求される中で求められるんだと思います
過去との決別とともに想いを貫くか
それとも踏みとどまるか
いずれにしても
自分の人生におけるバランスをとることが
大切なんでしょう

ちょうどタロットカードでいうところの
太陽の逆位置と節制の正位置が並んで出たような
イメージかな

The following two tabs change content below.
アバター

羽良 元吾

占いは自身のベースとなるもの。でもそれは自分のものでなく、あくまで占わせていただく方がいらっしゃってこそ。師と勝手に仰がせていただいている方の影響により、プチ・ルノルマンにしてもジオマンシーにしても陰陽思想の観点で読んでしまうクセがありますが、それもあなたに伝わってこそ。
アバター

最新記事 by 羽良 元吾 (全て見る)