今回は「結婚に適した男性を象徴するタロットカード」を、ご紹介したいと思います。
今回もウェイト=スミスタロットで、ご紹介していきますね。

「V 教皇」

結婚前提で交際をする人です。
精神的な支えをしてくれたり、お互いに尊敬しあえる関係です。
一緒にいて落ち着くという人です。
また価値観が似ているところもあります。

「VI 恋人」

一目惚れするような運命的な出会いから発展し、交際していけるでしょう。
お互いの気持ちの高まりから、結婚に発展していきます。
お互いの気持ちが通じ合い、愛情あふれる夫婦関係になれる人です。
夫婦で協力して物事を進めていくことや、お互いの意見や考えを取り入れることでより上手くいきます。

「VIII 力」

かたい絆で結ばれた関係で、思いやりと忍耐があります。
また強い意志もある前向きに何でも努力したり協力し合うということが出来る人です。
とても頼りがいのある人ですので、思いやりにあふれた結婚生活を送ることが出来ます。

「XI 正義」

対等な関係性を大切にする人です。
家事にも協力的でお互いの役割分担をしっかりと決めて行動。
何かトラブルがあったとしても一緒に話し合って解決していける関係になれます。
自分の家族だけではなく、相手の家族も大切にするという人です。
仕事人間というよりは仕事もプライベートも大切してくれますよ。

「XVII 星」

お互い隠し事をすることもないし、家事は男女平等にやるものだという考え方で、子供が出来ても育児に積極的に参加してくれるイクメンに。
夫婦・子供みんなでのコミュニケーションも多い家庭を作ってくれます。
いつまでも新婚気分でいることができます。

「XXI 世界」

お互いに離れたくないという思いが強く、結婚を考えてくれます。
最高の相性なので、順調に結婚へ。
家庭も円満で安らぎがあり、お互いの両親や子供とも関係が充実したものとなります。
家事の分担も上手くいきますし、お互いが大変な時は補い合いながら暮らすことが出来ます。
お互い、自慢の夫や妻で、周りからも羨ましがられる素敵な夫婦。

「ワンドの3」

価値観が似ていて、お互いに理解しあえる関係の人です。
協力的な人なので、困っているとサポートを上手くしてくれます。
交際自体が結婚に発展しやすいです。

「ペンタクルの10」

生活力があり、大切な人を守りたいという気持ちが強く、結婚への意識が高いです。
家族への紹介もスムーズにいきそうです。
繋がりが強く、夫婦というだけではなく、お互いの両親や、子供ができれば親子の絆も強いものにしていきたいという考えなので、家族愛の強い思いがあります。

「カップの2」

お互いに隠し事をせず、本音で語り合ったり、同じ目標のために助け合って頑張ろうという気持ちが強いひとです。
安心感のある落ち着いた人で、調和を大切にしています。
相思相愛ということで、婚約、入籍とスムーズに結婚に発展します。

「カップの10」

和気あいあいとした関係で、穏やかな人です。
一緒にいて安らぎを感じられるでしょう。
お互いに気持ちも通じ合いやすく、永遠の愛を感じることから、結婚し、幸せな家庭を築いていけるでしょう。

The following two tabs change content below.
葛城ミレイ
初めまして。 占い師の葛城ミレイです。 鑑定歴は、プロとしては5年。 その前に無料で鑑定していた期間が2年ほど。 現在はメール鑑定会社所属。 あと、個人活動としてメール鑑定、チャット鑑定、電話鑑定もしております。 メモリーオイルブレンドの依頼も受け付けております。 幼い頃から霊感や予知能力があったりと少し変わった子であったのもあり、占いに興味はあるものの、占いの世界に入ったのは意外と最近だったりします。(理系で医療系の逆な感じの世界にいました) 占術は、タロット、ルノルマンカード、オラクルカードなどカードリーディング、数秘術、西洋占星術(伝統的占星術・心理占星術)、ルーン、ジオマンシー、ダウジングなどを使って鑑定しております。 鑑定方法としては、卜術、命術の両方を使って、プラスとして霊感も入れて、総合的に鑑定をしています。 得意分野は、恋愛(片思い、両思いでの悩み、不倫など)、仕事(転職、適職、起業など)、人間関係(友達、ママ友関係、夫婦関係、職場の人間関係、嫁姑など結婚してからの関係、親子関係など)、運勢(全体運、恋愛、仕事など) 基本的には、占いのタブーとされる内容以外でしたら、鑑定はしております。 ホームページ「LUMIERE」 https://www.lumiere-mirei-katsuragi.com/ ブログ『占い依存せず、自分らしく生きるための占い』葛城ミレイの幸せナビゲーション https://ameblo.jp/mirei-katsuragi
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。