葛城ミレイです。

クリスマスと言えば、「サンタクロースがプレゼントを持ってきてくれる!」と子供の頃は楽しみにしていましたよね。

この「サンタクロース」、実際のところキリスト教とは、どんな関係があるの?と考えたことはありますか?

サンタクロースのモデルになったのは「ミラのニコラオス」と言われています。

【ミラのニコラオス】ってどんな人?
言語によって、ニコラウス、ニコライ、ニコラと表記が異なることがあります。
4世紀頃、東ローマ帝国・小アジアのミラの司教と言われています。

諸説あるなかで、有力と言われているものが2つ。

エピソード1

彼がまだ司教になる前の話からニコラオスの住む近くに、3人の娘さんがいる家族がいました。
長女は結婚したいという思いがありましたが、とても貧しい家庭だった為に、結婚の資金がありませんでした。
追い打ちをかけるように、彼女には娼婦にならなければならない状況に追い込まれてしまいます。
ニコラオスは、そのことを知り、その夜に煙突から金貨を投げ入れました。
たまたま、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入って、娘さんは無事結婚することが出来ました。
次女の時にもニコラオスは同じようにします。
その家族では、「もしかしたら三女の時にも…」と思っていました。
その人にお礼の気持ちを伝えたいということで、夜待ち続けていたら、三度目にやってきたニコラオスを見つけ、それが隣に住む若者と知り驚き、今までの感謝の気持ちを伝えたそうです。
しかし彼は、このことは誰にも言わないようにと告げ、立ち去ったそうです。

ここから「サンタクロースが煙突からやってくる」「靴下を下げておくとプレゼントがもらえる」ということの起源となっています。

エピソード2

飢饉の年に、落穂拾いに出かけた子供3人が肉屋に一晩宿を求めました。
肉屋の夫婦は3人の子供を殺し、樽に放り込み塩漬にしてしまいます。
それから7年後、ニコラオスが通りかかり肉屋に入って食べ物を求めました。
肉屋はハムと仔牛の肉料理を出しました。
するとニコラオスが「7年前のあの塩漬けの肉が欲しい」と言いました。
それに驚き恐れた肉屋は、罪を侘びて神に許しを乞いました。
ニコラオスが店の奥にあった塩漬けの樽に指を三本のせると、中から3人の子供たちが、まるで眠っていたかのように、あくびをしながら出てきたと言い伝えられています。

ここから「子供の守護聖人」と言われるようになります。

クリスマスとサンタクロースが直接的な関係はありませんが、ニコラウスが「子供の守護聖人」ということからキリスト教との関係がないわけではありません。

The following two tabs change content below.
葛城ミレイ
初めまして。 占い師の葛城ミレイです。 鑑定歴は、プロとしては5年。 その前に無料で鑑定していた期間が2年ほど。 現在はメール鑑定会社所属。 あと、個人活動としてメール鑑定、チャット鑑定、電話鑑定もしております。 メモリーオイルブレンドの依頼も受け付けております。 幼い頃から霊感や予知能力があったりと少し変わった子であったのもあり、占いに興味はあるものの、占いの世界に入ったのは意外と最近だったりします。(理系で医療系の逆な感じの世界にいました) 占術は、タロット、ルノルマンカード、オラクルカードなどカードリーディング、数秘術、西洋占星術(伝統的占星術・心理占星術)、ルーン、ジオマンシー、ダウジングなどを使って鑑定しております。 鑑定方法としては、卜術、命術の両方を使って、プラスとして霊感も入れて、総合的に鑑定をしています。 得意分野は、恋愛(片思い、両思いでの悩み、不倫など)、仕事(転職、適職、起業など)、人間関係(友達、ママ友関係、夫婦関係、職場の人間関係、嫁姑など結婚してからの関係、親子関係など)、運勢(全体運、恋愛、仕事など) 基本的には、占いのタブーとされる内容以外でしたら、鑑定はしております。 ホームページ「LUMIERE」 https://www.lumiere-mirei-katsuragi.com/ ブログ『占い依存せず、自分らしく生きるための占い』葛城ミレイの幸せナビゲーション https://ameblo.jp/mirei-katsuragi