実は除夜の鐘をついたことがありません、汐月アヤコです。
その時間帯は私はお札所にいるんですよね~

なぜ108つなのか?というのは特に仏教徒でなくても
「煩悩の数」というのは広く知られている説であります。

煩悩の数が108つって何で決まってる?

眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)
という、要は人間の感覚器官(心含む=意)を表す六根のそれぞれに
好(こう:気持ちいい)
悪(あく:気持ち悪い)
平(へい:どうでもいい)
6✕3でこの18個すべてに浄(きれい)・染(汚い)の2種があり36個、この36個を
前世・今世・来世の3つにあると考えて計108つが人間の煩悩の数としているようです。

今の人生以外にも前世と来世までカウントされてるなんて:(´ཀ`」 ∠):

ま、まあという仏教の由来がある、ということです。

ですので、実はお数珠の珠数も108つを基本としており、
腕輪念珠でも倍数にしていくと108つになるようにしたりするそうですが
腕輪念珠の場合はそんなに厳密なきまりではないです。

実は昭和からの風習

お寺の風習というと大昔から続いている古いものと思われそうですが
意外と昭和2年に上野の寛永寺でラジオ中継されてから広まったのだそうです。
(昭和も遠くなりましたけどね・・・)

実際は大晦日の夜だけではなく、朝夕の鐘も108回打つのが正式なようですが
実際は18回くらいに省略してるお寺も多いとか。

小さい頃父親に連れられて1,2回つかせてもらった覚えがありますが
父が108回もついていたかどうかは不明ですね(笑)

また、戦時中はお寺の鐘ですら金属回収令という法律によって武器の材料になったため
鐘をつくことが出来なくなりました。

世界平和大事!

近年では、「騒音になる」というクレームで中止にしたり
昼の時間帯に行うお寺もあるそうです。
時代に寄ってさまざまな風習が変化していくことは仕方がないですが
ちょっとさみしいですね。

ちなみに、つき心地は・・・

けっこう耳に響きますし、子供の手では鐘つき棒がわりと重かったので
結局父か兄と一緒につく、という状態だった気がします
ついた瞬間はなかなか爽快なので、確かに煩悩とかストレスが消えるかも、と思います(笑)

今年もあと1ヶ月半になりましたので、
今年の大晦日は是非 除夜の鐘をついてみてくださいね!
私は一晩お札所でお守り出したり御朱印書いたりしてると思いますが。
(;・∀・)

The following two tabs change content below.
汐月アヤコ
ヒーラー・占い師。お寺生まれの漫画育ちで気が付くとこちらの道へ。タロット・ルノルマン等のカードリーディングの他、シータヒーリングというヒーリングでのリーディングが得意です。シータヒーリング®インストラクター/恋札ティーチャー。