長期の休養は不健康の元

健康状態が回復しない場合、休養が必要になります。
ですが休養も度がすぎるというか
長期に渡ってしまうと
身体を動かすことすら困難だと思うようになり
自らを誤魔化してしまう方向に行き
それが引きこもりなどを生んでしまうことになります

セロトニンを吸収しよう

環境を変えることは人によってはなかなか困難なものですが
それでも一歩でも前に進むためにできることはあります
太陽の陽を浴びて「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを吸収しましょう
日照時間が短くなる冬だからこそ
格好はともかく外に出て歩いてみてください
あなたが外に出ること
それ自体を否定する方はいらっしゃいません

それでも動きたく無い

この記事は「身体を動かすこと」すらおっくうになってしまった方に向けて
書かせていただいております。

外に出て陽の暖かさを充分に感じ、ほっとすることが大切です
歩ける方は歩いてください
歩けない方も外に出られるように周りにサポートを求めてください
決して他人に迷惑をかけるなどと思わないでください
あなたが自分で動けるようになって
少しでも周りの方の役に立つことのほうが
ずっと横になっているより
はるかに素敵なことです

腕を上げたくなったら上げてみてください
首を回したくなったら回してみてください
室内で軽い体操やヨガなどをすることも良いですが
寒さ対策をして外に出てそれをすれば
何倍か効果も高いです
その後寒さを感じて室内に戻った際には
寒さが和らぎ身体が和らぐその幸せ感を
充分に味わってください

身体を動かすことを通じて幸せ感を感じる習慣を身につけることが大切です

天気があまりよくない日も一度外に出てみてください
そこで幸せ感が感じられないなら
部屋に戻ってその場の温かみを感じてください

そうしてひとつひとつの自分の感覚を
大切に扱うことによって
あなた自身を大切にする習慣ができ
それが土台となって
あなたの周りの方をあなたが助けていける状態に
発展していくのです

一気に変性意識に入って
自分を変化させられそうもないなら
少しずつ順を追って
ご自分の健康を回復させていきましょう

The following two tabs change content below.
アバター

羽良 元吾

占いは自身のベースとなるもの。でもそれは自分のものでなく、あくまで占わせていただく方がいらっしゃってこそ。師と勝手に仰がせていただいている方の影響により、プチ・ルノルマンにしてもジオマンシーにしても陰陽思想の観点で読んでしまうクセがありますが、それもあなたに伝わってこそ。
アバター

最新記事 by 羽良 元吾 (全て見る)